TOPO.jpg
株式会社ネプチューンデザイン
サンティッロ フランチェスコ
231-0005 横浜市中区本町6-57-202
Tel & Fax 045-212-2228
www.nep-d.com

トポ:イタリア猫のオス
フランコさん:イタリア人カーデザイナー

2009年07月09日

弟マリオ

「僕には3人の弟がいるんだ」

知ってるよ。3番目の弟イヴァノは、ここで一緒に
住んでいたもんね。

「4番目の弟マリオは、僕に似てデザインが好きなんだ。
デザイナーになりたい、というので日本の学校に入れようと
考えたんだ」

なぜ?トリノの学校ではダメなの?

「マリオにとってはトリノも外国。近くに誰もいないところ
よりは、僕のいる日本のほうがいいと思って」

なるほど。イタリア国内と言っても、スカレアとトリノでは、
言葉からぜんぜん違うからね。フランコさんだって、
初めは大変だったでしょう?

「“イタリア語、できないのかよ”って言われたものさ。
辛かったよ。」

そうだったね。
そんなときに僕はフランコさんに拾われたんだった・・・。

「日本語ができないマリオは、すぐにデザイン学校に入れない。
まずは日本語学校に入学することになったんだ。」

それは良いね。

「思い立ったが吉日。後期入学に間に合うように急いで準備したよ」

NEP-D
http://www.nep-d.com

にほんブログ村 デザインブログ デザイン会社・デザイン事務所へ
にほんブログ村
posted by トポ at 20:21| Comment(2) | TrackBack(0) | Viva 日本!

2009年07月03日

社員と契約社員 その1 7/19

「契約社員は社員と異なる条件で働くことができるんだ。
契約書を交わして。」

契約書ね。

「最も異なるのは、期間が無期か有期かということ。」

契約社員は、期間が限られているの?

「限られていない契約社員もいるけど、その場合は
“社員”扱いになる」

ふーん。難しいね。

「僕も日本に来るときは、契約社員というシステム自体を
よく知らなかった。」

部署限定で採用決定者が厳格な契約社員の場合、
成績査定する上司が変わると評価も変わるんじゃない?

「冴えてるね」

マネージャーがよく変わる、って言っていたから。

「それも大きな問題。僕は僕。同じ人間に対する評価が
異なる場合は、僕の問題ではなく、査定する人の問題のはず」

対策は?

「査定への対策は、日常業務について独自に日報をつけていた。
また、人事考課の話などは、その内容も細かくメモを
残しておいた。」

仕事以外に気を使うことが多いね。

「全部、子猫から教えてもらった契約社員の心得」

NEP-D
http://www.nep-d.com
posted by トポ at 21:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 社長になる!

2009年07月02日

本外務省のビデオ・・・サイパンにて

「子猫とサイパンへ行ったんだ。」

サイパンって?

「ミクロネシアにある島。アメリカの自治領なんだけど、
日本から3時間くらいで行けちゃう常夏アイランド。」

へー。一年中泳げちゃうんだ。

「スカレア出身の僕は、海には慣れていると思って
普段どおりに過ごしていたんだけど、
思った以上に日焼けしてしまってびっくり!」

僕みたいに真っ黒になっちゃった?

「こげちゃう前に真っ赤にやけどさ。
“紫外線の量が日本の4,5倍あるからねー”って子猫。
先に言って欲しかったね。」

想像つかないね。

「痛くて外に出られないから、テレビを見ていたんだ。」

悲しいねー。

「そしたら、日本の外務省が作った渡航情報ビデオが
流れていたんだ。“危険!注意!親切な外国人の男を
日本へ連れてこないで!”だって。」

何それ?

「ビザ目的の結婚詐欺に対する喚起さ。
でも何で“外国人男性”なんだ?」

このビデオ、構成考えた人は、きっと日本人男性だよ。

「僕は詐欺師か?」

NEP-D
http://www.nep-d.com
posted by トポ at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | Viva 日本!

2009年06月29日

転勤 6/19

「すぐに子猫は僕の力になった」

どんな?

「年に1度の査定が終わってしばらくしたとき
“来年1月から東京へ転勤です”と言われたんだ。」

テンキン?

「僕が勤めていたのは、トヨタ本社。愛知県豊田市。でも
東京にデザインスタジオがあって、そこへ行け、という訳さ。」

外国人には東京のほうが嬉しいんじゃない?

「トヨタもそう言ったし、僕も初めはは喜んださ。
でも来年1月って、明日からクリスマス休暇って時にだよ。」

2週間で勤務地変更?

「日本ではよくあることらしい。で、子猫に報告したんだ。」

それで?

「東京スタジオって八王子でしょ?って」

八王子?

「東京駅から電車で1時間はかかる。」

それじゃ、名古屋から豊田みたいなもの?

「That’s right!行かないと決めた。」

でも会社の命令でしょ?

「契約書を見た子猫が、“勤務地は豊田市本社”と
限定してある、と。」

契約社員だから契約書は絶対だ。

「契約書の重要さを思い知ったね。」

NEP-D
http://www.nep-d.com
posted by トポ at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長になる!

2009年06月25日

結婚その5 おまけ

「このままでは、僕はイタリアでは独身のまま。」

じゃあ、イタリアの子猫ちゃんとも結婚できるんだね。

「それは、ムリ」

そうかぁ。

「日本の役所で僕と子猫の婚姻受理証明書をもらう。
それにアポスティーユをもらう。イタリア国籍の僕と
結婚した旨記載されている子猫の戸籍謄本に
イタリア語訳と訳者を記載。
合わせて領事館からスカレアのコムーネ(役所)に
送ってもらうんだ。」

また、領事館?

「“どうやって結婚したのですか?”と聞かれたらしいよ。」

領事館の仕事を軽減したわけだね。

「これで終わらなくてさ。」

なに?

「12月に送ってもらったのに、スカレアには
2月になっても着かないんだ。書類が行方不明。」

子猫ちゃん、怒ったでしょう?

「領事館は普通郵便でスカレアに送ったらしい。
とはいえ何度も問い合わせてくれて、
誠意ある対応してもらったけれど。」

どうせ、クリスマス休暇中の担当者の机の上に
埋もれていたんでしょう?

「何でわかった?」

NEP-D
http://www.nep-d.com
posted by トポ at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Viva 日本!

2009年06月20日

働き方 5/19

「イタリア人と日本人って似たところが多いよ」

どんなところ?

「争いを好まない」

いつも口角泡飛ばしているじゃない?

「あれは議論。喧嘩じゃないでしょ?」

ふーん。カルチョのカテナチオ?

「いい例えだね。力任せに正面突破せずに
1つ1つ問題を解決して、平和を勝ち取っていく。」

平和ね。

「言葉の通じない会社内で困ったことが起きたらどうする?」

どうしよう。

「心理戦を勝ち抜くには、強い意志と情報収集力。
そしてブレーン。」

かっこいい。

「技術部にいると他部署のことがわからない。
日本語のわからない、外国人の契約社員には特に。」

大陸近くの小島にいるみたいな感じ?

「まさにその通り!歯がゆくて」

手に届きそうなのにね。

「このころ知り合ったばかりの子猫が仕事を探していたので、
“トヨタはどうですか?いい会社ですよ”と言ってみたんだ」

そそのかしたの?

「人聞き悪い。で、彼女は縁あってトヨタで職を得た。」

・・・フランコさん、策士。

NEP-D
http://www.nep-d.com
posted by トポ at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長になる!

2009年06月18日

結婚その4 婚姻要件具備証明書 

「領事館発行の婚姻用件具備証明書がなくても、
結婚はできるんだ。」

婚姻用件具備証明書ってなに?

「そういう名前の書類はないんだ。
その国で結婚する為に必要な書類の総称」

ふーん。人間って面倒。国際結婚ってもっと面倒。

「そうだね。大使館や領事館で婚姻用件具備証明書を
整えてもらって、日本の役所に提出するんだ。」

ということは、やっぱり領事館を通さないと
結婚できないじゃん。

「子猫は、提出先の役所に確認に行った」

それで?

「イタリアの婚姻用件具備証明書は、
独身証明書NULLA OSTAと
出生証明書CERTIFICATO DI NASCITA。
それぞれの書類にイタリアの最寄公証役場で
アポスティーユをもらえばいい。
僕の書類にはイタリア語訳と訳者のサインが
必要で、訳は子猫でOK。それと
子猫の戸籍謄本をあわせて日本の役所へ提出!」

じゃあ、大使館通さなくてもいいんだ。

「ハーグ条約加盟国同士ならできるってことだね。」

NEP-D
http://www.nep-d.com
posted by トポ at 07:51| Comment(0) | TrackBack(0) | Viva 日本!

2009年06月12日

働き方 4/19

「トヨタでもホンダでも、僕は“自由裁量”で働いていたんだ。」

自由裁量って?

「机に向かっている時間と仕事のできは比例しない」
じゃぁ、8時間会社にいなくていいんだね。自由でいいなぁ。

「みんなそう言うんだけれど、時間の自己管理って
以外に難しいものなんだよ。」

ネコの僕は、自己管理なんてないからなぁ。
会社以外でも仕事をしていたの?

「ディーラーを廻ったり、本屋へ行ったり。
家でPCソフトの練習もしていた。」

フランコさん、イタリアではPC使っていなかったもんね。

「トヨタで一番びっくりしたのは、すべてのデザイナーが
レンダリングをPCでしていたこと。トヨタを出てわかったけれど、
トヨタデザイナーのレンダリング技術はかなり高いよ。」

フランコさんも上手になった?

「まぁね。あと、僕はプロ契約社員だったんだ」

プロ契約?カルチョの選手みたい。

「まぁね。工程表と並行して日報をつけていたよ。
年に1度、査定があるからね。」

NEP-D
http://www.nep-d.com
posted by トポ at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長になる!

2009年06月07日

会社事情その2 3/19

「日本とイタリアの会社のデザイナーの違いと言えばね。」

日本では転職が少ない。
他社デザイナーとの交流の機会が多いわりに人的流動は少ない。
マネージャーのスパンが短い。
当然だけど、マネージャーによって仕事の進め方や
評価基準が異なる。
初めて契約社員として働いた僕は、上が変わるたびに
右往左往する経験をした。
契約社員は仕事の評価で契約の更新をするかしないか
決まってくるので、マネージャースパンの短い日本では、
契約社員制度は向かない。実際、トヨタでは5年の間に3人、
ホンダでは3年の間に2人。
上がこれだけ変わると、集団として下は中庸を保たなければ
ならなくなる。常に高水準のクオリティを保つシステム
としてはいいけれど、デザインの世界では、個性の強い
突然変異を生かす環境でなければならないと思う。

また、工期重視で決められてできてもできなくても、
期日までに何が何でも仕上げようとする。
日本的といえば日本的だけれど。

NEP-D
http://www.nep-d.com
posted by トポ at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長になる!

2009年06月04日

結婚その3 マリッジレッド?

「“あなたとは結婚しない!”子猫が突然こう宣言したんだ」

おー、結婚前から離婚か?

「よく話を聞いてみると、領事館とのやり取りで
怒っちゃったらしくて。」

領事館?外国人が結婚するためには、大使館や領事館での
手続きが必要でしょう?

「指定された日時以外は受け付けてくれなくて。
場所は遠いし、仕事の都合もあるから、なかなか時間を
合わせることが困難で。」

それで子猫ちゃんは、フランコさんに対して不満だったんだ。

「いやいや。領事館でこう言われたらしい。
“イタリア人と結婚したければ言われた日時にいらっしゃい”と。」

それで子猫、大虎に大変身!

「子猫もこう返したんだ、“じゃあ、やめます”って。」

確かに。だって子猫ちゃんは、結婚は形式に捉われなくても
いいって言っていたんでしょう?

「僕はオロオロするばかり。でも、その後の子猫の行動は
素早かったね。とうとう、領事館通さずに形式上の結婚したよ。」

でも、どうやって?

NEP-D
http://www.nep-d.com

posted by トポ at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Viva 日本!