TOPO.jpg
株式会社ネプチューンデザイン
サンティッロ フランチェスコ
nep-d.com

トポ:イタリア猫のオス
フランコさん:イタリア人カーデザイナー

2009年10月01日

今後の展開 19/19

今後の展開は?

「会社は、営利だけではなくて、並行して社会貢献しなければ
ならない存在。僕は、ジュジャーロから教えてもらったものを、
い人につなげていきたい。007(ダブルオーセブン)計画」

007?

「40歳って社会人人生のちょうど真ん中。
下の世代と上の世代のボンド役。」

あー、だから007。

「学校でデザイナーの卵たちに教えたい」

トリノでも教えていたね。あの頃はまだイタルに入社した
ばかりで。

「そうだね。あの頃は、憧れのカーデザイナーになったばかりで、
熱のこもった授業をしていたよ。今は、経験を積んで説得力が
増したと思う」

メーカーに対しては?

「じぃになる」

じじぃ?

「じじぃじゃなくて。暴れん坊将軍のそばにいて、
“殿、それは困ります”と殿に意見する小うるさいじいさん。」

殿(メーカー)の向こうにいるコンシューマに嫌われるような
ことは、メーカーにさせてはいけないから」

疎まれるだろうけど、メーカーの為だよね。

NEP-D
http://www.nep-d.com

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

2009年09月18日

株式会社ネプチューンデザイン 18/19

「デザインは、売りたいものをデザインしてはいけないんだ。
メーカーが伝えたいものを形や機能に情熱と誠意をこめて
デザインする」

売れないデザインでは、お仕事依頼されないんじゃない?

「そうだね。売りたい!と思ってマーケティングに頼ると、
コンシューマに阿ったものになってしまう。その時は喜ばれても
すぐに飽きられる。今ある息の長い商品は、新規開発のときから
社内からの抵抗が大きく、決してすんなり製品化されて
いなかったと思う。僕は、そういう製品をコンシューマに
提供できるデザイナーでいたい。
デザイナーは地味で目立たない仕事だけれど、
僕のデザインした製品は、ずっと残る。
激しいスポーツカルチョでも、マルディーニのような
ベテラン選手ががんばっている。体は衰えていくけれど、
経験がその衰えを包括し、逆に進化している。
日本で言えば伊達公子。僕は一生デザイナーとして生きたい。
だから独立した。僕の人生そのものだから。」

NEP-D
http://www.nep-d.com

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

2009年09月14日

晴れて社長! 17/19

晴れて“社長”だね!

「身が引き締まる思いだよ。」

課題は?

「新米社長インタビューでいきなり課題?
そうだね。営業と経理だね。サラリーマン時代には
やらなくてよかったし、考えなくってよかったから。」

営業ということは、お仕事を頂くためにお客さんに
お願いしに行くんだよね。

「そう。でも“お願いに行く”のではなく、“提案に行く”と
思っているよ。“これをやって”とお客さんに依頼される
のではなく、新しいデザインやシステマタイズをこちらから
提案していく。それがデザインの営業だと思っている。」

かっこいいー!

「それほどでも・・・」

で、お金の管理は?

「僕のことをよく知っているトポくん!一番の心配事でしょ?」

はい・・・。

「自分で管理するよ。お金の流れがわからない社長の会社は、
つぶれちゃう。でも、1セント(1円)単位まで細かく
管理すると、大胆な挑戦ができなくなる器に小さい社長になる
虞があるから、子猫に任せた!」

NEP-D
http://www.nep-d.com

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

2009年09月07日

準備 会社設立 法務局 16/19

「株式会社を設立するには、法務局へ申請する必要がある」

フランコさんは、日本語読み書きできないでしょ?

「特にそんな難しい申請書は不可能だね。4月からは
ホンダも有給消化に入っていて出社していなかったから、
事務所の什器を組み立てたりセッティングする毎日だった。」

子猫ちゃんに任せたの?

「定款作成は行政書士さんにお願いしたさ」

このコストも馬鹿にできない?

「印紙代が・・・。行政書士に依頼すれば、電子申請で
印紙は不要。でも、電子申請を自分でやるとなると
購入しなければならないものが出てくる。
“印紙代より安い手数料で引き受けてくれる行政書士に
お願いすれば、自分でやるより安くなる!”
と考えて探したんだ。メールのやり取りだけで済んだって。
提出先の法務局は、目と鼻の先だし」

必要書類を法務局へ提出して
“株式会社ネプチューンデザイン”設立!
おめでとう!

「ありがとう!法務局へ申請した日が会社設立日になるよ。」

NEP-D
http://www.nep-d.com

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

2009年09月02日

お金を借りる 15/19

「子猫が“私の会社の近くに何件か建築中のビルがあるよ。
オフィスだといいね”と言っていた建築中のビル。
毎日前を通っていたある日“事務所”の文字を見つけたんだ」

グッドタイミング!

「すぐ電話したよ。そうしたら3月にできるって。」

5月会社設立にぴったり!

「うん。でも僕が日本人でない(外国人である)という
ことだけでなく、開業だからハンディになると考えていたんだ。
でも“早くから希望してくださっていたから”と管理会社の
方とオーナーは、僕を認めてくれたんだ。広さも適当で、
1、2階がオフィス、3階から上が賃貸マンション。
共益費が賃貸と同じ。それでも予算少々オーバー。」

で、銀行で借りたんだね。

「そう、国民生活金融公庫(現日本政策金融公庫)」

日本国民じゃないよね?

「外国人でも永住権があれば借りられるんだ」

がんばったね。

「サラリーマン時代の実績も重要。その経験、
実績を生かした開業だからね。“実績文句なし!”」

NEP-D
http://www.nep-d.com

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

2009年08月21日

準備 事務所を借りる 14/19

なぜ“ネプチューン”なの?

「マセラティのロゴは、ネプチューン。
僕をカーデザイナーに導いたクルマ、
マセラティ・ボーラから取ったんだ。
これは初めから決めていたよ。」

事務所は?

「横浜みなとみらい馬車道エリア。」

なぜ、馬車道に?

「日本が鎖国を解いて開港され、外国人が入ってきた。
彼らが馬車で往来した道だから馬車道というんだ。
馬の水のみ場や、ガス灯、また、旧第百銀行横浜支店
(現在高層マンション)や、旧生糸検査所(現横浜第二号同
庁舎)、旧横浜正金銀行本店(現神奈川県歴史博物館)、
旧日本郵船横浜支店(現日本郵船歴史博物館)など
歴史的建造物が多く残っている。見つけたところは
海近で古代ローマ、エトルリア神殿様式のトスカーナ式
円柱を残すアイランドタワー(旧第一銀行横浜支店)の目の前。
そのすぐ奥には近代的遊園地よこはまコスモワールド。
新旧混在するイタリアの街イメージにも近いんだ。
最高のロケーションでしょう?」

NEP-D
http://www.nep-d.com

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

2009年08月16日

準備 拠点 13/19

「一番悩んだのが、どこを拠点にするか」

トリノ!

「だから、日本なんだってば」

。。。

「トヨタ時代に5年過ごし、また子猫の実家のある
名古屋へ帰るつもりだったんだ」

それがそうして横浜に?

「僕がホンダに勤めて1年後、横浜にやってきた子猫は
会社勤めを始めたんだ」

どんな会社?

「ソフトウェア開発会社」

へー。

「一度遊びに行ったんだ。そうしたらとても環境がよくて」

東京に近くて都会なんでしょう?

「汽笛聞こえ、かもめ乱舞!ネコいっぱい!」

おー、僕たちネコの住みやすい街は、
人間にとっても住みやすい街に違いない!
かわいい子猫ちゃんたちがいっぱいいるの?
僕も日本へ行こうかな?

「野良なのに、毛並みもよくて体も大きいんだ。
鳩も丸々太ってるよ!」

いいもの食べてるな、きっと。
(だからフランコさんも太っちゃったんだ・・・)


「飲食店の人たちがみんなでネコを大事にしているんだ。
夕方店が開くころ、玄関前でドアが開くのを待っているよ」

NEP-D
http://www.nep-d.com

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

2009年08月11日

計画を立てる 12/19

「40歳の誕生日に会社を設立したい」

具体的に目標を立てたんだ。

「“めずらしい”と思っているんだろ?」

まぁ。。。

「まず、税金の未払がないか」

サラリーマンのフランコさんは、天引きだから大丈夫だよね。

「ローンやカード支払残のチェック。家やクルマのローンも
独立前年には完済。ま、預金もなくなっちゃったけど」

退職は?

「有期契約社員の僕の契約満了は5月末。
5月に設立したかった僕は、タイムロスがなかった。」

ラッキー。

「大事なのは永住権の取得」

国籍が変わるの?

「国籍は外国のままなんだけど、永住権者は、
日本での生活に外国人ゆえの制限がなくなるんだ」

制限があるの?

「就労ビザだってどんな仕事でももらえるわけじゃない」

高度な技術を持たない外国人は、日本で仕事できないんだね。

「年金に特例があるんだ」

どんな?

「永住権を取得した時点で、20歳に遡って年金受給資格が
えられるんだ!」

年金受給資格?

「詳細はViva 日本で」

NEP-D
http://www.nep-d.com

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

2009年08月07日

決意の後は 11/19

独立を決意して一番最初にしたことは?

「成功した自分の姿を想像する」

フランコさんにとって成功とは?

「僕のデザインした製品が、巷に溢れていること。
みんなに喜んでもらいたいんだ」

なるほど。喜んでいる人々を見て、フランコさんは
喜ぶんだね。次にしたことは?

「3Dソフト操作の習得」

3Dソフトって?

「コンピュータで立体的に描くことができるんだ」

レンダリングだってコンピュータで描くんでしょ?

「今まではデザイナーにデザインを見せればよかったから、
スケッチやレンダリングでよかったけれど、独立すると
デザイナーではない人に、デザインを説明する機会が
増えるから」

そうなると、写真のような立体的なデザインのほうが、
理解してもらいやすいってことだね。

「実際は、お客様の希望を聞きながら、ささっと
スケッチで具体例を示すことができるほうが大事」

スケッチ基礎力だね。

「スケッチは体で覚えるもの。一朝一夕には
うまくなれない」

NEP-D
http://www.nep-d.com

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

2009年07月24日

自分を生かすには 10/19

Tra il dire e il fare c'e di mezzo il mare.
独立って、言うほど簡単じゃないよね。

「当然。仕事も自分で取らなきゃいけないし」

営業するんだ

「Chi cerca trova.転職活動と同じ。“僕はこれが やりたい。
僕ならこうします”ってね」

独立するには、人との出会いが重要?

「そう。僕を起用し、第一線で活躍させてくれたトヨタや
ホンダの人、そしてなによりジュジャーロに恥をかかせ
られないから、がんばらなきゃね」

家族の応援でトリノの学校に入学したときと同じ気持ちだね。

「プレッシャーというより、後ろから押され出る感じかな」

相変わらず、前向きだね。

「それと、自分の可能性を見つめる。限界は自分で決めない」

ほー。

「自分の限界を決めてしまうと、スケールの小さい人に
なっちゃうからね」

他には?

「未来を描く。未来を描けなければデザインできない。
社長はみなデザイナーだね」

NEP-D
http://www.nep-d.com

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

2009年07月17日

積んだ経験は生かさなければ 9/19

最後の会社勤めと決めていたんだね。

「積んだ経験派は生かさなくちゃ」

なるほど。

「僕はデザイナー。ずっとデザインの仕事をして
生きていきたい。でも、組織の中ではずっとデザイナー
というわけにはいかなくてね」

他に何をするの?

「マネージャー」

グループや組織の長のこと?

「そう。」

ずっとデザイナーではいられないの?

「いられるさ。でも、デザイン決定権は全くない。」

じゃ、絵を描くだけ?

「そうなるね。だから上に立たないと、自分の意見は
主張できない。」

意志を主張できないデザイナー?

「ありえないでしょ。でも、マネージャーになったら、
絵を描く機会はなくなってしまう」

デザイナーの仕事を全うするにはどうしたらいいの?

「そう考えるでしょ?そこで僕の出した結論が“独立”。
組織内だと点がいくつあっても一直線に並んでいて、
あくまでも線の延長。でも、独立して三つ目の点の位置を
ずらせば面になって、仕事の幅は広がると考えたんだ

NEP-D
http://www.nep-d.com

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

2009年07月10日

社員と契約社員 その2 8/19

イタリアでは、社員雇用が普通だよね。

「今はそうでもないけれど。」

デザインの仕事はプロジェクトごとになっているはず。
単純に期間限定の契約って有効?

「デザイナーの場合、プロジェクトを請け負う契約のほうが
しっくりくるかな。今まで話してきたのは、労働契約。」

労働契約終了後はどうなるの?

「契約更新がなければ即失業。」

生活の手段も自尊心も奪われる!

「さらに外国人の場合、失業=即出国。」

なぜ?

「日本で働く滞在許可VISAがなくなるから。」

そういうことを学んだから、社員を希望して就職活動を
したんだね。なのになぜ、3年契約でホンダに行ったの?

「日本に残りたかったから社員募集に応募したよ。
社員採用されれば、ホンダが最後の会社になると
思ったんだけど。」

契約だった?

「その頃ホンダは初めてのプロ契約デザイナー募集していた。
トヨタでも経験のある僕は、打って付けだったのかな」

どちらにしてもホンダは、最後の会社になった。

http://www.nep-d.com

にほんブログ村 デザインブログ デザイン会社・デザイン事務所へ
にほんブログ村

posted by トポ at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長になる!

2009年07月03日

社員と契約社員 その1 7/19

「契約社員は社員と異なる条件で働くことができるんだ。
契約書を交わして。」

契約書ね。

「最も異なるのは、期間が無期か有期かということ。」

契約社員は、期間が限られているの?

「限られていない契約社員もいるけど、その場合は
“社員”扱いになる」

ふーん。難しいね。

「僕も日本に来るときは、契約社員というシステム自体を
よく知らなかった。」

部署限定で採用決定者が厳格な契約社員の場合、
成績査定する上司が変わると評価も変わるんじゃない?

「冴えてるね」

マネージャーがよく変わる、って言っていたから。

「それも大きな問題。僕は僕。同じ人間に対する評価が
異なる場合は、僕の問題ではなく、査定する人の問題のはず」

対策は?

「査定への対策は、日常業務について独自に日報をつけていた。
また、人事考課の話などは、その内容も細かくメモを
残しておいた。」

仕事以外に気を使うことが多いね。

「全部、子猫から教えてもらった契約社員の心得」

NEP-D
http://www.nep-d.com
posted by トポ at 21:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 社長になる!

2009年06月29日

転勤 6/19

「すぐに子猫は僕の力になった」

どんな?

「年に1度の査定が終わってしばらくしたとき
“来年1月から東京へ転勤です”と言われたんだ。」

テンキン?

「僕が勤めていたのは、トヨタ本社。愛知県豊田市。でも
東京にデザインスタジオがあって、そこへ行け、という訳さ。」

外国人には東京のほうが嬉しいんじゃない?

「トヨタもそう言ったし、僕も初めはは喜んださ。
でも来年1月って、明日からクリスマス休暇って時にだよ。」

2週間で勤務地変更?

「日本ではよくあることらしい。で、子猫に報告したんだ。」

それで?

「東京スタジオって八王子でしょ?って」

八王子?

「東京駅から電車で1時間はかかる。」

それじゃ、名古屋から豊田みたいなもの?

「That’s right!行かないと決めた。」

でも会社の命令でしょ?

「契約書を見た子猫が、“勤務地は豊田市本社”と
限定してある、と。」

契約社員だから契約書は絶対だ。

「契約書の重要さを思い知ったね。」

NEP-D
http://www.nep-d.com
posted by トポ at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長になる!

2009年06月20日

働き方 5/19

「イタリア人と日本人って似たところが多いよ」

どんなところ?

「争いを好まない」

いつも口角泡飛ばしているじゃない?

「あれは議論。喧嘩じゃないでしょ?」

ふーん。カルチョのカテナチオ?

「いい例えだね。力任せに正面突破せずに
1つ1つ問題を解決して、平和を勝ち取っていく。」

平和ね。

「言葉の通じない会社内で困ったことが起きたらどうする?」

どうしよう。

「心理戦を勝ち抜くには、強い意志と情報収集力。
そしてブレーン。」

かっこいい。

「技術部にいると他部署のことがわからない。
日本語のわからない、外国人の契約社員には特に。」

大陸近くの小島にいるみたいな感じ?

「まさにその通り!歯がゆくて」

手に届きそうなのにね。

「このころ知り合ったばかりの子猫が仕事を探していたので、
“トヨタはどうですか?いい会社ですよ”と言ってみたんだ」

そそのかしたの?

「人聞き悪い。で、彼女は縁あってトヨタで職を得た。」

・・・フランコさん、策士。

NEP-D
http://www.nep-d.com
posted by トポ at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長になる!

2009年06月12日

働き方 4/19

「トヨタでもホンダでも、僕は“自由裁量”で働いていたんだ。」

自由裁量って?

「机に向かっている時間と仕事のできは比例しない」
じゃぁ、8時間会社にいなくていいんだね。自由でいいなぁ。

「みんなそう言うんだけれど、時間の自己管理って
以外に難しいものなんだよ。」

ネコの僕は、自己管理なんてないからなぁ。
会社以外でも仕事をしていたの?

「ディーラーを廻ったり、本屋へ行ったり。
家でPCソフトの練習もしていた。」

フランコさん、イタリアではPC使っていなかったもんね。

「トヨタで一番びっくりしたのは、すべてのデザイナーが
レンダリングをPCでしていたこと。トヨタを出てわかったけれど、
トヨタデザイナーのレンダリング技術はかなり高いよ。」

フランコさんも上手になった?

「まぁね。あと、僕はプロ契約社員だったんだ」

プロ契約?カルチョの選手みたい。

「まぁね。工程表と並行して日報をつけていたよ。
年に1度、査定があるからね。」

NEP-D
http://www.nep-d.com
posted by トポ at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長になる!

2009年06月07日

会社事情その2 3/19

「日本とイタリアの会社のデザイナーの違いと言えばね。」

日本では転職が少ない。
他社デザイナーとの交流の機会が多いわりに人的流動は少ない。
マネージャーのスパンが短い。
当然だけど、マネージャーによって仕事の進め方や
評価基準が異なる。
初めて契約社員として働いた僕は、上が変わるたびに
右往左往する経験をした。
契約社員は仕事の評価で契約の更新をするかしないか
決まってくるので、マネージャースパンの短い日本では、
契約社員制度は向かない。実際、トヨタでは5年の間に3人、
ホンダでは3年の間に2人。
上がこれだけ変わると、集団として下は中庸を保たなければ
ならなくなる。常に高水準のクオリティを保つシステム
としてはいいけれど、デザインの世界では、個性の強い
突然変異を生かす環境でなければならないと思う。

また、工期重視で決められてできてもできなくても、
期日までに何が何でも仕上げようとする。
日本的といえば日本的だけれど。

NEP-D
http://www.nep-d.com
posted by トポ at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長になる!

2009年05月29日

会社事情その1 2/19

フランコさんから興味深いことを聞いた。

「イタリアと日本では、会社のイメージが
ずいぶん違うんだ。」

イタリアから見た日本の会社のイメージは、
バリバリ働く忠犬(誉めています)。
ところが、仕事中や会議中に、ウトウトしている
怠け猫(なぜネコ?)もいるんだって。
従業員解雇の厳しいイタリアでも、仕事中の居眠りは
即解雇なのに。

「僕は人とコミュニケーションを図りながら
アイデアを生んでいく。なのに話をしているのが目立つ
(大声で変な英語だから?)から、“サボっている”と
言われたんだ。」

机に向かってキーボード叩いていれば仕事、
じゃぁないよね。

「仕事が分業化されていて、担当者が休むと途端に
わからなくなってしまうんだ。イタリアでは、
3人くらいのチームでこなしているから、
一人いなくても会社は回るよ。
長い休暇制度があるからかなぁ。」

長期でお休みするのが前提だから、
チームでやらないと会社全体として仕事が回らないんだ。

NEP-D
http://www.nep-d.com
posted by トポ at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長になる!

2009年05月22日

転職 1/19

 フランコさんは、3年くらいごとに勤め先を変えた。
飽きっぽいわけでも、いい加減なわけでもない。
「今の会社がいやだからと転職しても、問題は同じさ。
カーデザイナーとしての経験を積みたかったんだ。」

デザイン会社、メーカーのどちらも経験した。
イタリアだけでなく、クルマの国日本でも企業勤めができた。
コンセプトを明確に打ち出すことのできるデザイン会社、
企画から参加できるメーカー。どちらにもそれぞれの良さがある。
でも。。。「もっと、コンシューマーに近づきたい!」
あるとき彼は、そう思ってしまったらしい。
たぶん、多くの製品を作っている日本に来たことで、
カーデザイナーの経験を活かしたデザインの世界が
他にあるのではないか?とひらめいてしまったのか、
独立してしまったのだ。それも、
フランコさんにしては今までになく、かなり用意周到に。
それにしてもなぜ、イタリアではなく、日本でだったのか。
ボクは悲しい。。。

NEP-D
http://www.nep-d.com

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

2009年05月02日

「がんばりあーも」とは

 タイトルのがんばりあーも。
イタリア語みたいなんだけど、ちょっと変。
「forzaの日本語“がんばります”に
イタリア語の活用語尾-iamoを合わせた造語さ。
“forziamo”(がんばりましょう!)ってところかな。」
おもしろい響きなので、タイトルに使いました。
子猫ちゃんが作った造語。
彼女のふるさとの方言にも似ているらしい。

NEP-D
http://www.nep-d.com

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村