TOPO.jpg
株式会社ネプチューンデザイン
サンティッロ フランチェスコ
nep-d.com

トポ:イタリア猫のオス
フランコさん:イタリア人カーデザイナー

2009年03月06日

イタリアのカーデザインの現場 15/17

「イタリアのコンシューマーは、デザインが悪いものには
見向きもしない。」たとえそれが以前売れていたクルマでも、
新車のデザインが悪ければさっさと違うメーカーに乗り換える。
美しくないものを1分1秒たりとも所有していたくないからだ。
カルチョ(サッカー)でも同じ。
昨日、いいパフォーマンスを見せて活躍した選手も、
今日ミスをして試合を落とせば、非難を浴びる。
とても厳しい環境の中で、デザイナーは生きているのだ。

「最近はわからないけれど、レンダリングに時間をかけない。」
レンダリングに時間をかけるということは、
時間をかけて聖書を清書するようなもの。
字(レンダリング)はうまくなるけれど文章(デザイン)は
うまくならない。

「意外かもしれないけれど、イタリアではチームプレーを
重視するよ。といっても少人数だけど。」
人数が多いとまとまらないのもイタリア。
転職も当たり前で、様々な経験を持つ人たちが集まっている。

NEP-D
http://www.nep-d.com

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27410995
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック