TOPO.jpg
株式会社ネプチューンデザイン
サンティッロ フランチェスコ
nep-d.com

トポ:イタリア猫のオス
フランコさん:イタリア人カーデザイナー

2009年02月14日

日本のカーデザインの現場2 14-2/17

もうひとつは、分業されすぎていること。
日本人は、なんでもコンパクトにしてしまうくせに、
コンパクトなものを作るのに、大きな組織を必要とする。
イタリアでは、デザイナーがアイデアからデザイン、
モデル製作、製品化まで関わる。
デザインをポンと渡してしまって変更されてしまうと、
デザイナーはその結果に責任が生じない。
「ボクのデザインと違うし」

「日本に来る前から気になっていたけれど、クルマ全体に
統一感がなくって、デザイナーの意思が感じられない。
それは、分業されすぎていて、デザイナーが製品化最後の
工程まで関わっていないから。
これでは、技術のことがわかるデザイナー、デザインのことが
わかる技術者がいなくなってしまうよね。」
イタルデザインが、単なるデザイナー集団ではなく、
モデル製作もセットで行う会社をコンセプトにしているのは、
ここにある。

NEP-D
http://www.nep-d.com

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/26720075
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック