TOPO.jpg
株式会社ネプチューンデザイン
サンティッロ フランチェスコ
nep-d.com

トポ:イタリア猫のオス
フランコさん:イタリア人カーデザイナー

2008年10月17日

南北問題 11/13

 イタリアは、南北に長い。フランコさんの故郷スカレアから
トリノまで1000km以上、日本でたとえれば、東京から下関。
残念ながらイタリアには、南北で大きな経済格差がある。
北は、工業が盛んだけれど、南は、農業が中心。
失業率も南は北の4倍とも言われる。
北が支払う税金で、南は賄われている。

当初フランコさんは、カラブリア州の方言しか話せなかった。
トリノではピエモンテ州の方言で話す。
「イタリア語が話せないのか?」
南出身者に対して「テローネ」という侮蔑用語で呼ぶことがある。
カルチョでも、時々聞かれる言葉だ。フランコさんは、
北で暮らして初めて、南北の置かれた違いを肌で感じた。

同級生の殆どは、親元からか通う人たちだ。学校が終わると、
パーティーだ、コンパだとみんなが教室を後にしても、
フランコさんは、彼らと一緒に行動することはなかった。
ただひたすら、花屋のバイトと絵を描く2年間を過ごした。
もちろん、彼女なし。

NEP-D
http://www.nep-d.com

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村
この記事へのコメント
イタリアにも方言はあるの?
日本と同じだね!東京で名古屋弁を話すようなものかな。

花屋でバイト?家の下の娘も3年前は花屋で仕事していたよ。
Posted by you at 2008年10月30日 21:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/21306120
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック